15min

夜の15分、座る時間。


なにも考えなくていいなんて、

いまのわたしには、

最大の贅沢。



考え事ばかりで、

寝不足もあり、


それも重なって、

サクサク、物事を整理できない。



こうやって座る時間が必要だなと、


つくづく感じた。




今日来てくれた生徒さんが、

ヴィパッサナー10日間の経験者でした。



10日間朝から晩まで、

誰とも話さず、

なにも考えず、

座って一日中、

感覚を見つめることができるって、

なんて幸せだったんだろうと、


そんなことを思いだしていました。



その時は、毎日帰りたいって思っていたと。

その気持ち、よくわかる。笑




わたしの気持ちを察してくれたのか、

いつも、騒いでうるさいみんなも、


今日は隣で、

ひっそりと、

静かにしてくれていました。


お師匠。

 数年前から、 

ヨガを教わっている先生がいます。



世界のヨガを体感して、

極めに極めた人。


だからこその、

納得の言葉が響きます。



その方のblogが、

明解で、

本当気持ちよく。

なにより、話が分かりやすい。



https://ameblo.jp/yogalei-horse/entry-12575916892.html 


【ヨガでこころの波立ちが穏やかになるってどうゆうことか?】

麗YOGA研究所 アシュタンガヨガ

+a hint of Iyengar yoga in 

埼玉/SFベイエリア


良いも悪いもそれぞれが作り出していて、

投影している世界。


そんな話を、

自分のからだを通して、 

気付くきっかけをくれる。


そして、先生は依存することをさせてくれません。笑



ぼんやりとしたことは言わず、

いつも核心をつかれる。


だから、信頼できる。



先生いわく、


今に生きる感覚を取り戻すなら、


【太陽礼拝を、呼吸に合わせて、無理なく行うことが、一番効果的。】


と言ってます。


とても、かっこよくて、素敵な先生。


新潟、埼玉、東京などで、

ヨガの先生をお探しの方は、ぜひ。

心の波立、しずめて、

よりよく生きること。

 

こんなに難しいって思うのに。


大袈裟になっていろいろ考えすぎてしまうだけで本来は、本当にただ、自然なこと。


甘い日々

バレンタインから、

チョコレートづくしの日々が、

続いております。

手作りケーキ貰って、

なんとも、幸せ。御馳走様です。


手作りって美味しいですよね。

有難いです。


みゃーとちびも、

くっつきあって、ぬくぬく爆睡。


2匹が一緒になると、

どっちが顔でどっちがお尻か、

一瞬だけ混乱します。

柄が同じで、境目がわからない。笑



みなさんも、すてきな

バレンタイン過ごしましたか。


日々リセット。


先日、トレーニングが終了した後、


古町にある砂丘館で、


新潟の生徒さん方と、

夜のヨガ&お茶会でした。

 


お茶を用意してくださったのは、

弥彦のイベントでお世話になった

idle momentさん。



4種類のお茶を、

丁寧に説明しながら、


目の前で淹れてくれました。



心地いい空間で、

久しぶりにお会いする方々と、

なんとも贅沢な時間。



お茶の話を聴くみなさんの表情が、

きらきらしていて、

見ていて嬉しくなりました。



最後にいただいたプーアールチャイが、

上品で、奥深くて、

最高に美味しかった。


発酵された、香りが好き。



ご参加くださったみなさん、

idlemomentさん、


周りの生徒さんにお声がけくださった

mfolyの美和さんに感謝です。


トレーニングでも聞いた話ですが、


ストレスについてのこと。


ストレスと聞くと、

悪者のように思うけれど、


ストレスがない生活はあり得ません。


 


ストレス=刺激全般。


音、香り、寒さ、暑さ、味、光etc...


重力のある世界に生きてる以上、

常に重みを受けています。



強いストレスを受けたり、

処理できないほどになった時、



からだに不調が出て、


それに抵抗しようと、


人は、交感神経を優位にして、

一時的に耐えられる状態が

できるのだそうです。



そのストレス状態が続き、


第二段階にいくと、

その状態に耐え続けることが

普通になって、

乗り越えられたように感じてしまえる。



その状態を

さらにずっと続けていくと、


第三段階にすすみ、

再びからだに不調がでてくる。


そのころには、抵抗するパワー無く、

そこから病気、と言われるような、

状態になる。




私もその一連のながれ、

経験したことがあります。




ちゃんと毎日、

1日が終わることが大切と、

先生に教わりました。



交感神経が優位で

ストレスを感じている状態から、  


夜にかけて、少しずつ、

副交感神経にスイッチを切り替えて  

緩んだ状態で、眠りにつける。



一生懸命生きるって、


仕事で成果をあげるとか、

やりがいを見つけるとか、

人の期待に応えるとか、


そういうことのように思えていたけれど。

 


日々を、

自分を整えて生きること、


それを置き去りにしたらいけません。




ストレスは、

必要なものです。



それを一日ごとで、

ちゃんとリセットするためのツールに、


ヨガも、

お茶も、

お香を炊くとか、

少しの瞑想とか、 

空を眺めるとか。

なんでも。


心地いいと感じると経験が

役に立ちます。



リセットの手段

見つけていきましょう。

日々かかる、

ストレスと仲良く。

こころとは。


base論を含むuruwashi yoga 

ティーチャーズトレーニング

昨日、終了しました。



base論



脳内のバランスがとれて、

感情やからだの状態が安定している、

整っている状態を、


誰かや、なにかに、

頼らなくても、

自分自身で、調整ができる。


本来のひとのカラダの、

正常な働きができること。



ある程度の幅の中で、

揺れていることに気づきながら、

自然とバランスが取れる状態を保てる。




いつも、なんとなく、軽く、


人と関わることや、

かかるプレッシャーに、緊張しすぎない。


困難や苦しみに感じられることも、


経験として、客観的な目線で、

楽しめてしまう。




この学びを始めてから、


そんなことが本当に可能なんだと

経験できた。


 


トレーニングが始まった昨年の秋は、



養成初日の自己紹介で、

話しながら泣いてしまうような、



そんな、

精神がボロボロ状態のわたしだったけど。





朝起きた時の感じを大事に、


それに合わせて

一日の行動を決めて過ごすんだよと、


そう学んだことを、

意識して過ごしてみると、



なんとなく、

調子良いかんじが、

日に日に続いていった。




落ち込んでも、

引きずられても、

自己嫌悪に陥りすぎず。

客観的な目線がどこかにある。





昨日は、


ヨガでいう心の波を沈めるという、



【こころ】


とはなんだろうという話にもなりました。





こころと言われるもの

=知、情、意。


知(悟り)


情(快、不快、主観的な意識)


意(思考活動一般、感覚的でない抽象的知覚能力)


これらが互いに並立でなく、

階層化で相互に連関していて、



情が受け入れられ、

意が高まり、

知が働くとかんがえられているのだそうです。


 

それらを構成している主要神経核は、

知→海馬

情→扁桃体

意→側坐核。



こころをコントロールするって、

脳内のバランスを整えること。




人は、生活の中でおきる

すべての刺激(=ストレス)を


脳幹網様体というところで、

一秒間に莫大な量の情報を、


フィルターにかけて処理をしています。



そこで上手く処理できなくて、

弾き出された刺激が、


不安となって、溜まっていき、

脳内にエラーが出る。



あなた今、適応できていませんよ。と。






外的要因や、DNA要因でない、

からだの不調は、


脳内の中のバランスが崩れて、

エラーが出ているサイン。





脳機能のバランスが低下した状態


=体で見ると、

腸腰筋に抑制の反応が出た状態


のままで、


トレーニングしたり、

ストレッチしたりして、


表面上を整えても、



脳内の警告エラーを

正常に戻すための根本の解決にはならない。



体でエラーが出ている時と、同じ状況を、

作って、


自分で、確認します。


あっこれは、安全、安心、

なんともない、

大丈夫だったと。


そうすると、


呼吸がふっと柔らかく


おさまってくる、

調和されてくる感じがでてきます。



それが、ベースリセットの施術でやっていること。



細かいところはうまく

まだ説明しきれませんが、

そんな話なんです。




脳内警告系信号路のチェックの施術は、

いまのわたしでは、

まだまだ。全然です。



来月は、

からだの使い方、

人のからだの見方の学びと並行して、


BASEチェックの施術の練習も、

続けていきます。



この器であるカラダは、   

意識していないところでも、

ちゃんと働いている。


未知なことだらけです。


いろんなこと、

もっと、知っておいたらいいなーと思う。



ヨガでいう、

悟りやサマーディ、

チャクラ、ナーディという話にもなりました。



今まで見てきたものを、

また違った角度から捉えてみると、

それはそれで、

最高に面白いです。



2月7日金曜日

今日はメイコ先生に

クラスの代講をお願いして、


今朝東京に着きました。


東京駅から、電車に乗り、

藤沢へ。


そこから鵠沼海岸まで。



ずっと行ってみたいと思っていた、

スタジオがありました。


今日は、そのスタジオへ、

行ってきます。



音楽聴きながら

知らない土地で、

電車の中の、ひとり時間。




宇宙のバナナ




チビが今朝、台の上から、
バナナを落とそうとして
遊んでいるのをみて、

わたしのバナナーやめてー
と言って、

ふと気づきました。

言ってるなー
わたしの。

わたしの家族、
わたしの友人、
わたしの名声、
わたしのお金、
わたしのもの。

そういう、
執着は、人間だからこそ。

それで安心できたり、
嬉しくなったりして、

人生を楽しんでる。

もし、それで、

苦しくなってしまう時は、
思いだします。

これは、わたしのバナナでなく、
宇宙のバナナ。

執着は、ダメと言われるけれど、


ダメと言われても、


無くなりません。


人間で生きている以上は。笑


だから、

執着しているわたし、に、


落ち込んでいる時間はもったいない。


コントロールすればよいだけ。


今日もヨガしましょう。


たましいを磨く。

繊細な人と出会うと、


その内の、努力や、考えや、

試行錯誤や、


背景にあるものに想いがめぐります。



昔、よく、

幼稚園のこどもたちと、

泥だんごをつくって遊びました。



何日もかけて、

ピカピカの宝石みたいにしようと、


チャレンジしたことがあって。


(写真はネット上からお借りしました。)




どうしたらツルツル、

つやつやになるか。


硬くきれいな丸になるか。



そんなことを

こどもたちは、一日中いつも、

考えて、試していました。






目の前で起きていること、

あるものは、


いま存在しているようにみえますが、


それは、わたしがぜんぶ作りだして、

頭の中で描いているものの投影。



最強にハッピーなことや、

困難に感じること、


それが、その世界を、

コミカルに色付けする

要素のひとつなんだとしたら


 身の回りに起きることは、

ぜんぶ、必然でおこる。




この人生のうちに、


これは、叶えたいと思うことや、

果たす使命、


それを

いつも考えるんだよと

言われたことがあります。




この、わたしを、

思い切り楽しむために


たましいを磨く練習も、


からだを通して、繊細に、

感覚を掘り起こす作業も。


日々、怠らずにいたいですね。



そんなことをぼーっと思う、

きょうは、そんな1日。




緊急でなく重要なこと。

生徒さんが、大事に使っていた、
バレエシューズを譲ってくれました。

来週、バレエサークルに参加してみます。

時間の使い方、大切ですね。

あれをやらなきゃ、
これをやらなきゃ、

緊急で重要なことに、
ほぼ一日の時間を費やしています。


そうやって、

追われながら、

頑張って、頑張って、

疲れて果てて、


ご褒美と言って、

緊急でも重要でもないことで、

その辛さをチャラにした気分になる。



時間がないと


つい言いたくなります。



自分の中で、自分の指針を作って、

その指針に沿って、


やること、やらないことを決める。

人間関係をつくっていく。



この人生で、なにを大切にするか。


自分の人生の終わりを

イメージするとよいと教わりました。



自分の葬儀で、

家族や身近な大切な人たちに、


どんな弔辞を読まれたいですか。



自分の指針作り。


時間はかかりますが、

とても大事なことだと思いました。



そうして、

つくり出した時間で、


緊急でないけど、重要なことを軸に

1週間のスケジュールを立てる。




あの本を読みたい、
あの人に会いたい、
あそこにいってみたい。
あれをはじめたみたい。

考えてみたらたくさんありました。



スケジュール管理が苦手。

そこを、克服したい。


頑張ります。




借りたい本が浦川原図書館にあったので、


三和でご飯を食べて、向かいます。




 cafeどんぐり。


実家で食べるご飯みたいで。

ボリューム満点の

メンチかつランチ。


コーヒーにも、

いろいろおまけがつきます。


おもてなしの気持ちが、

あったかい。

 

誰かを連れて、

また来たいなーと思いました。


お腹も、気持ちも、満腹。


お財布にお金を入れ忘れていて、

ありったけの100円と、10円玉で、

なんとか1300円支払ったという、


笑い話つきのランチ時間でした。


今日を振り返り。

満月の日のキャンドルヨガ。


上越は、あいにくの雨でしたが、


集まった方々が、

帰るときの表情は、

みなさん晴れやかで、

柔くて素敵でした。


木舎のクラスには、

ヨガが好きな人、

インストラクターの方や、

これから先生になろうとしている人も、来てくれています。


これがただしいヨガの流派。

これがただしいヨガの伝え方。

これがただしいポーズの形。


そこに縛られていて

頑張れる時や心地いい時もあるけれど、

苦しくなることもしばしば。


そうして、

わたしにはまだまだ足りない。

学ばなきゃと無理して頑張る。


わたしがそう。


苦しむことも全部自分で望んでやっていることで、

必要でない経験は一つもないので、


どんな時も良しです。


誰かのヨガを完璧に真似しても、

その人にしか伝えられない空気感があります。


いまのわたしにしか出来ないことって、なんだろう。


話す時は、

素直な自分の心からの言葉で。


いつもそれを考えるし、

大事にしたいです。


ヨガ初心者の方や、

ヨガのことは詳しくわからないけど、

ちょっとリフレッシュしたい、

リラックスしたいなど、

そんな方々も大歓迎。


いつでも変わらず、

この場所で、お待ちしています。


やかん、買いました。

これでいつでも、お茶会できます。笑